【声劇台本】本当の嘘

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、ラブコメ

■キャスト
穣(みのる)
奈那(なな)

■台本

穣(N)「僕は嘘が嫌いだ。だから、僕は、嘘をつかないようにしている」

奈那「それは、穣が、嘘付くのが下手なだけでしょ? 嘘っていうのは人類の英知といってもいいくらいなのよ。嘘ってね、真実よりも素晴らしいものなんだから」

穣(N)「奈那はいつもそう言って、嘘ばかりついていた。僕は嘘が嫌いだけど、奈那がつく嘘は……好きだ。だから、この先も、ずっと奈那の隣で、嘘を聞いていたい」

場面転換。

奈那「あーあ。ついに私たちも3年生かぁ。そろそろ進路決めないとね。穣は大学行くんでしょ?」

穣「まだ全然決めてないよ」

奈那「あんたは大学行った方がいいよ」

穣「……どうして?」

奈那「法学部がある大学に行くの。穣は正義感が強いし、向いてると思うよ。弁護士」

穣「……本当に、そう思ってる?」

奈那「ううん。嘘。あんた、嘘が下手だから裁判は全部、負けちゃうよ」

穣「僕は、嘘が下手なんじゃなくて、嘘を付かないの。それより、奈那は決めたの? 進路?」

奈那「うーん。女子大にしようって思ってるんだ」

穣「え? な、なんで女子大?」

奈那「このご時世だから、親にも大学に行っとけって言われてるんだよね」

穣「大学に行くのはわかるけど、どうして女子大なの?」

奈那「だってー。男関係とかちょっと面倒くさくてさー。私、こう見えても、結構モテるんだ。一か月に一回くらいは告白されるんだから」

穣「また、適当な嘘を言って……」

奈那「ひどーい。嘘って決めつけるなんて」

穣「え? ごめん。……本当なの?」

奈那「あははは。相変わらず穣は真面目だなぁ」

穣「もう、また僕をからかう!」

奈那「ごめんごめん。それより、穣は私が女子大に行ったら、何か困ることあるの?」

穣「……いや、別に」

奈那「ふーん。穣も一緒に行く? 女子大。穣なら女装すればいけるって」

穣「ふん。どうせ、僕は男らしくないよ」

奈那「ごめんごめん、嘘嘘。だから、拗ねないでよ」

穣「奈那。嘘ばっかり付く癖、直した方がいいよ。誰からも信用されなくなるから」

奈那「あははは。大丈夫、大丈夫。それより穣こそ、少しは嘘が上手くならないと、痛い目みるよ」

穣「いいの。僕は嘘が嫌いなんだから」

場面転換。

学校のチャイム。

放課後の教室内を掃き掃除している穣。

穣「……はあ」

ガラガラとドアが開く。

奈那「あれ? 穣。一人で何やってんの?」

穣「見ればわかるでしょ。掃除だよ」

奈那「なんで、一人でやってるの? まさか、イジメ?」

穣「違うよ! 勝負で負けたから、その罰ゲーム」

奈那「ふーん。なんの勝負?」

穣「……トランプのダウト」

奈那「……」

穣「……」

奈那「イジメか……」

穣「だから、違うって」

奈那「ま、利用されてるのは間違いないでしょ」

穣「……それは否定できない」

奈那「あんたさ、もう少し器用に生きなさいよ。そのためには嘘を付くことだって必要だって」

穣「……僕、嘘は嫌いだから」

奈那「だから、穣は嘘が嫌いなんじゃなくて、単に嘘が下手なだけだから」

穣「……嘘なんてつけないよ」

奈那「そんなに難しく考えることないの。嘘なんて慣れだよ、慣れ」

穣「……嘘を付くことに慣れたくないよ」

奈那「今のは冗談としても、穣は嘘を気にしすぎなのよ。一回、嘘付いちゃえば、吹っ切れるんじゃない?」

穣「……無理だよ」

穣(N)「一度嘘を付けば吹っ切れる。奈那はそう言ったけど、吹っ切れて嘘を言うことに慣れるなんて嫌だ。……それに、僕は奈那に嘘なんて言いたくない。奈那には本当のことだけを言いたいから」

場面転換。

ドアを開けて、屋上にやってくる穣。

穣「ごめん、お待たせ」

奈那「あ、穣、来てくれたんだね」

穣「それで、相談ってなに?」

奈那「それが……その……」

穣「なに? そんなに深刻なことなの?」

奈那「私……告白された」

穣「……え?」

奈那「ほら、前にさ、私、モテるって話したじゃない? あれ……ホントのことだったんだ」

穣「……そ、そう……だったんだ」

奈那「今回、告白してきてくれた人はさ、結構、女子の中でも人気の人なんだ。私も結構、格好いいと思ってる」

穣「え?」

奈那「ねえ、穣、どうしたらいいかな?」

穣「な、なんで僕に聞くの? 奈那の気持ちが一番大事でしょ?」

奈那「……止めてくれないんだ」

穣「……」

奈那「もし、私がつき合ったら、穣は独りぼっちになるんだよ? 穣、友達いないし、私がいなくなったら、どうするの?」

穣「ぼ、僕は平気だよ。一人でも。だから、僕のことは放っておいて大丈夫だから」

奈那「放っておけないよ!」

穣「え?」

奈那「……だって、穣は……幼馴染だから」

穣「……」

奈那「私、やっぱり、断るね」

穣「……奈那。実はさ。ずっと言いたいことがあったんだ」

奈那「なに?」

穣「……僕、奈那のこと」

奈那「うん……」

穣「ずっと嫌いだったんだ」

奈那「え?」

穣「嘘ばっかり付くし。今だって、お姉さんぶって、僕を見下してるんでしょ?」

奈那「な、何っているのよ。違うよ」

穣「違わないよ。それに、僕、クラスに友達いるんだ。でも、いないフリをしてたんだ」

奈那「どうして?」

穣「だって、友達がいない僕の方が、奈那は優越感に浸れるでしょ? 惨めな幼馴染に構ってあげてるって」

奈那「……」

穣「よかった。僕、いい加減に奈那から解放されたかったんだ。もう、ダメな幼馴染を演じるのは疲れたよ」

奈那「それじゃ、告白OKしても良いってこと?」

穣「もちろん」

奈那「そっか……。わかった。告白は、OKするね。……さよなら」

穣「……」

奈那が歩き出し、穣とすれ違っていく。

穣(N)「これでいいんだ。僕のせいで、奈那が不幸になるなんて耐えられない。奈那には幸せになってほしい。……もう、奈那の嘘を聞けないのは寂しいけど」

奈那「やればできるじゃん!」

ガバッと奈那が後ろから抱き着いてくる。

穣「え? え? え?」

奈那「そうそう。そうやって嘘を付くの」

穣「あのさ、奈那。もしかして、さっきの告白のことは?」

奈那「OKするわけじゃいじゃん。嘘だよ、嘘」

穣「もう!」

奈那「ごめんごめん。もう、こういう嘘は付かないから」

穣「ホント?」

奈那「……たぶん」

穣「奈那……」

奈那「いや、ホント、今回のは反省してるから。許して。ね?」

穣「もう、嘘ばっかり付いてたら、そのうち痛い目見るよ」

奈那「ごめんごめん。でもね。私が嘘をつくときは穣が嘘付いた時だけだよ」

穣「嘘だ! 僕が、嘘が嫌いだって知ってるでしょ? 僕が嘘付くわけないから!」

奈那「気づいてないんだ? 穣、嘘付く時耳が動くんだよ?」

穣「え? ホント?」

奈那「嘘!」

穣「もう!」

奈那「あはははは」

穣(N)「奈那の嘘は好きだど、あんな嘘はもう付かないで欲しい。……でも、本当に嘘でよかった」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0