【声劇台本】悲報ニュースサイト

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、ホラー

■キャスト
仁(じん)
壱成(いっせい)
渡(わたる)

■台本

橋の下の河川敷。

川が流れる音。

電車がゴーっと音を立てて通り過ぎる。

仁「……あいつ、遅ぇな」

壱成「なあ、仁。お前さ、悲報ニュースサイトって知ってる?」

仁「なに、壱成って、ニュースサイトなんか見てんの? 真面目だな」

壱成「いや、違う違う。普通のニュースサイトじゃなくてさー、なんか都市伝説系のサイト」

仁「どゆこと?」

壱成「なんかさー、このサイトに名前が載ると、書いてある日付に死ぬんだって」

仁「は? なにそれ?」

壱成「仁、お前の名前出たらどうする?」

仁「けっ、嘘くせー」

その時、渡が走ってくる。

渡「はあ、はあ、はあ……」

仁「渡くーん。随分と遅かったねぇ。時間を守るのは人として当然のことだよー?」

渡「え? で、でも、今、5時になったばっかりだよ?」

仁「あのさー、待ち合わせって、5分前行動が当然なの。その、腕時計の時間、5分早めとけよ」

渡「う、うん。わかった」

仁「よし、じゃあ、今日の分は、1分遅刻につき、罰金、千円! だから5千円な」

壱成「あははは。仁は鬼だなー」

渡「ぼ、僕。そんなに持ってない……」

仁「あん? じゃあ、いくらあるんだよ?」

渡「3、3千円……」

仁「そっかぁ。じゃあ、仕方ないな」

渡「……」

仁「1発殴って、100円。体で払っていただきましょー」

渡「え?」

壱成「きゃはは! 仁、20発殴るの大変そうだから手伝ってやるよ」

仁「おお! さすが親友。助かる―」

渡「……」

場面転換。

川が流れる音。

渡「う、うう……」

仁「痛って。拳の皮、剥けちったよ」

壱成「いやいや。渡の顔面見てみろよ。皮どころ話じゃないだろー。あははは」

渡「ううう……」

壱成「おい、渡。俺たちが憎いか?」

渡「……」

壱成「じゃあさ、この、悲報ニュースサイトに投稿してみれば?」

仁「なに? さっきのサイトの話?」

壱成「そうそう。このサイトって、自分の名前を書き込めば、一人だけ他の人の名前を書き込めるらしいんだよ」

仁「なに? それって、自分の命と引き換えに相手を道連れにするってこと?」

壱成「そうそう。そんな感じ」

仁「へー。じゃあ、渡くん。やってみれば?」

渡「ひっ!」

壱成「ま、渡にはそんな度胸ないか」

渡「ううう……」

場面転換。

橋の下の河川敷。川が流れる音。

電車がゴーっと音を立てて通り過ぎる。

渡が走ってくる。

渡「はあ、はあ、はあ……」

仁「おお! 5分前。やればできるじゃん、渡くーん」

渡「あ、あの……お願い。今日は許して」

仁「ああ?」

渡「お、弟が行方不明なんだ。探さないと」

壱成「あららら。弟思いのお兄ちゃんだね」

仁「うう。俺は感動した! その兄弟愛に免じて、5ラウンドスパーリングで、今日は許してやる」

渡「……え?」

仁「15分、俺の攻撃を耐えきったら、行っていいぞ」

渡「そ、そんな……」

場面転換。

川が流れる音。

渡がドサっと倒れる。

仁「はあ、はあ、はあ……。きっつー。5分殴るのも疲れるなー。おい、渡くん。飽きたし、もう行っていいよー」

渡「……」

仁「渡? もう行っていいって言ってるだろ。早く行けよ」

渡「……」

壱成「お、おい、仁。渡、息してねえぞ」

仁「え? 嘘だろ? 渡? おい、渡!」

渡「……」

壱成「おい、さすがにヤバいって」

仁「……いやいやいや。嘘だろ?」

壱成「だ、大丈夫だ。未成年だから、たぶん、捕まらないって」

仁「けど、前科つくんだろ? 嫌だよ、こんなやつのせいで……」

壱成「どうする? 事故に見せかけるか?」

仁「川に投げ込もう。確か、水死だと膨らむらしいから、殴ったのもバレないと思う」

壱成「上手くいけば事故に出来るかもな」

仁「よし……。あ、その前に……」

カチャカチャと腕時計を外す音。

壱成「何してんだよ?」

仁「どうせだから、こいつの腕時計もらう」

壱成「ったく、お前は……。ほら、早く投げるぞ」

仁「おう」

ドボンと川に渡を投げる音。

場面転換。

ピンポーンというインターフォンの音。

ガチャリとドアが開く音。

壱成「あ……仁か」

仁「どうしたんだよ? 学校休んで」

壱成「ヤバい、ヤバいって!」

仁「あん? 渡のことは自殺ってニュースでやってたじゃん。弟が死んだショックで身投げしたんだろう、ってさ」

壱成「違うって! この、悲報ニュースサイト。見てくれ」

仁「お前さ、まだ、あの嘘くさいサイト見てんのか?」

壱成「いいから見ろって! ここ! 渡の名前が書いてあるし、日付も合ってる!」

仁「いや、ぐ、偶然だろ?」

壱成「俺もそう思うだけどさ。……その下、見てくれよ」

仁「その下?」

壱成「俺の名前も書いてある。日付は今日」

仁「それで、学校休んで家に閉じこもってたのか」

壱成「仁。すまん。今日は俺んち泊まってくんね?」

仁「ああ、いいよ」

場面転換。

カチカチとゲームの音。

仁「……渡がサイトに書いたのかな? 壱成の名前」

壱成「なんで俺なんだよ……。仁のほうがイジメてたじゃん」

仁「ま、まあ、とにかく、今日を乗り切ろうぜ。そしたら安心だからさ」

壱成「そ、そうだよな」

仁「それより、腹減ったな。俺、何か買ってくるよ」

壱成「すまんな」

場面転換。

ガチャリとドアが開く音。

仁「買ってきたぞ。総菜が安かった」

壱成「……仁。お、お前の名前もサイトに載ってる。今日の日付で」

仁「はあ!? なんでだよ? 一人だけだろ? 書けるのって。渡がお前の名前書いて……じゃあ、俺のは誰が書いたんだよ?」

壱成「し、知らねえよ」

仁「と、とにかくさ、今は10時だろ? あと2時間乗り切れば勝ちだ。余裕だって」

壱成「そ、そうだな。余裕余裕」

仁「ああ、余裕だよ。じゃあ、飯食おうぜ。総菜暖めるから、レンジ貸してくれ」

場面転換。

チンとレンジが鳴る。

仁「アチチ。温める前に切れば良かった」

ザクっと包丁でカツを切る音。

壱成「え? お前、何やってんの?」

仁「何って、カツが一枚だから半分に切ってんだけど」

壱成「……お前、包丁まで買ったの?」

仁「そんなわけねえって。お前のだよ」

壱成「いや、俺んちに包丁なんてねえよ」

仁「え?」

仁が振り向くと同時に、ズバッと切れる音。

壱成「……あ。ああ……」

仁「ば、馬鹿! お前、なんで後ろにいるんだよ!」

壱成「ああああー!」

ブシュ―と血が噴き出る音。

そして、壱成が倒れる。

仁「あ、ああ……。い、壱成? ……し、死んでる? 嘘だろ……。まさか、あのサイト、やっぱり本物……。うわああああ!」

仁が慌ててドアを開けて外に出る。

場面転換。

路地裏でガタガタと震えている仁。

仁「ヤべぇ! ヤベぇ! クソ! どうなってんだよ! ……今、何時だ? 今日が過ぎれば大丈夫なはずだ」

ガサガサとポケットを漁る仁。

仁「くそ! スマホ、壱成の家に置きっぱなしだ! 取りに戻るか? いや、危険だな……。何かないか……」

ガサガサとポケットを漁る。

仁「あ、渡から取った腕時計があった。えっと、今何時だ?」

腕時計を見る仁。

仁「は、ははははっ。11時59分。……あと少しで今日、終わりじゃん!」

仁「5、4、3、2、1、0! やったー! 俺の勝ちだー!」

浮かれて走り出す仁。

仁「あはははははは! あんなサイトにビビッて損したぜ」

車のブレーキ音。

仁「え?」

そして、ドンと仁がはねられる音。

仁「あがっ! あがが……。ど、どうし……て? 今日は過ぎてる……は……ず……なの……に……がはっ! うう……」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0