その心、お届けします

その心、お届けします

前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
蒼空
悠里
啓子
美奈子
その他

■台本

  颯爽と自転車を走らせる音。

蒼空「っと、ここだ」

   ブレーキをかけて、止まる。

蒼空「よし、時間ピッタリ」

   歩いて、チャイムを押す。
   インターフォンから男の声。

男の声「なに?」
蒼空「ご注文をお届けに参りました」
男「……」

   ブツリとインターフォンが切れる。
   そして、ドアが乱暴に開かれる。

蒼空「ご利用ありがとうございます、お届け者を……」
男「いいから早く頂戴」
蒼空「あ、申し訳ありません」

  蒼空が荷物を男に渡す。

男「ちっ、遅ぇよ!」

  バタンとドアが乱暴に閉められる。

蒼空(N)「俺の名前は海原蒼空(かいばらそら)。配達を専門とした依頼を受ける仕事をしている。配達なら割と何でも請け負う。今のはハンバーガーのセットを渡したのだ。このご時世だからなのか、最近は結構、食べ物を運ぶことが多くなっている。さっきみたいに理不尽なことを言われることも多いが、俺はこの仕事を誇りを持ってやっている」

蒼空「えっと、次は……」

  携帯を操作する蒼空。

蒼空「げっ! マジか……」

  場面転換。
  自転車を走らせる蒼空。

蒼空「焦らず、慎重に……。でも、できるだけ急ぐんだ……。って、待てよ」

  自転車を止める蒼空。

蒼空「確かこの先、昨日から工事してたよな。ってなると……二つ先を右折して……いや、ダメだ。この時間は買い物帰りの主婦が道を塞いでいることが多い……。なら、ちょっと遠回りになるけど、次は左折したほうがよさそうだな」

  再び、自転車を走らせる蒼空。

  場面転換。
  自転車を止める蒼空。

蒼空「あっぶねえ。ギリだよ。……また怒られるかな」

   インターホンを押す蒼空

女「はーい」

  ドアが開く。

蒼空「ご依頼ありがとうございます。お届け物をお持ちしました」
女「あら、ご苦労様。美香。ケーキ来たわよー」
美香「ホント? やったー!」

  ガサガサと箱を開ける音。

女「もう、ダメじゃない。食べるのは晩御飯食べてからなんだから」
美香「はーい」
女「あら、ケーキ、全然、崩れてないわね。私が車で買ってきても、少し崩れるのに」
蒼空「細心の注意を払いましたので」
女「ありがとう。今日はあの子の誕生日なの。もし、またお届けものがあったら、あなたに依頼させていただくわね」
蒼空「はい! ありがとうございます!」

蒼空(N)「お客さんの笑顔が見れる。そんなときは、この仕事をやっていて心底よかったと思える瞬間だ」

  そのとき、携帯が鳴り、通話ボタンを押す蒼空。

蒼空「はい?」
啓子「蒼空くん。今、特殊な依頼が来たんだけど……どうする? なんか、すごい時間がないみたいで、正直、蒼空くんでも厳しいかも」
蒼空「場所、どこですか?」
啓子「三島町なんだけど、そこで荷物を受け取って、宮下町まで届けないといけないの。しかも、時間は4時だって。普通なら絶対無理だけど……だから蒼空くんに依頼が来たんだと思う」
蒼空「わかりました、受けます」
啓子「本当に大丈夫? 蒼空くんでも厳しいと思うよ」
蒼空「とりあえず、携帯に住所送っておいてください」

  ピッと携帯を切り、すぐさま自転車を走らせる。

  場面転換。
  自転車を止めて、走って家の前までいく。
  そして、チャイムを押す蒼空。

蒼空「(息が切れ切れで)お届け物を取りにきました」
美弥子「待ってたわ! これよ! お願い! 急いでください!」
蒼空「わ、わかりました!」

  荷物を受け取って、自転車に乗る。

蒼空「(深呼吸して)よし、来るまでに最短で行けるルートはシミュレーションできてる。後は……どれだけ、想定外のことが起こるかだけど、こればっかりは行ってみないとわからないからな」

  蒼空が爆走を始める。

  場面転換。
  自転車を走らせる蒼空。
  人々の間を縫うように進む。

女2「きゃあ!」
蒼空「すみません!」
男2「気を付けろ!」
蒼空「すみません!」
男3「おい、ここ、家の敷地内だぞ!」
蒼空「緊急なんです! すみません!」

  自転車を走らせる蒼空。

蒼空「ここまでは、想定内。そして……」

  賑わう商店街。

蒼空「ここからが本当の勝負だ」

  自転車を走らせる蒼空。

  場面転換。
  自転車を止める蒼空。

蒼空「はあ……はあ……はあ……」

  フラフラとなりながら、チャイムを押す。
  すぐにバンとドアが開く。

蒼空「お、お届け物を……」
悠里「ありがとう! 早く、もらえるかしら!」
蒼空「あ、はい……」

  悠里が蒼空から荷物を受け取って、家内へと走る。

悠里「おじいちゃん! 届いたわよ! 食べたいって言っていた、美弥子さんのおかゆよ!」
おじいさん「あ、ああ……」
悠里「ゆっくり食べて」

  おじいちゃんがおかゆを一口食べる。

おじいさん「……ああ、美味しい。美弥子さんの味だ……。はは……。これで、思い残すことはないよ……」
悠里「う、うう……」

  場面転換。

悠里「ごめんなさい。待たせてしまいましたね」
蒼空「いえ……」
悠里「本当にありがとう。あなたのおかげで、おじいちゃん、最後に食べたいものを食べられたわ。とっても満足そうだった……」
蒼空「……またのご利用をお待ちしてます」

蒼空(N)「俺の仕事はただ、物を届けるだけじゃない。その物にこもった、心も一緒に届ける仕事 だ。だから、俺はこの仕事に誇りを持ってやることができるんだ」

終わり

前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉