【声劇台本】隠居暮らし

0

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人以上
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代ファンタジー、シリアス

■キャスト
剛史(つよし)
政義(まさよし)
琴音(ことね)
その他

■台本

剛史「はああああ! ガオレイン、キーック!」

怪人「ぐぎゃあああああ! お、おのれー……」

怪人が消滅する。

剛史「はあ、はあ、はあ……」

政義「やったな、レッド!」

剛史「ああ……」

琴音「これで、もう、世界は怪人に怯えなくても済むのね」

剛史「……ついに平和を勝ち取ったんだ」

琴音「長い戦いだったわね」

政義「でも、終わったんだ」

場面転換。

政義「それで、レッド。お前はこれからどうするんだ?」

剛史「おいおい。政義もう、俺たちはガオレインじゃないんだぞ。レッドは止めてくれ」

政義「そうだったな。剛史」

琴音「みんな、バラバラになるのって、少し寂しいね」

剛史「おいおい。琴音、お前が一番、早く解放されたいって言ってたじゃないか」

琴音「そうだけどさ……」

政義「俺は、今まで我慢してきた分、やりたいことやるぜ」

琴音「私は残りの学生生活、しっかりと楽しむわ」

剛史「ああ、それがいい。二人とも、今まで犠牲にした分は取り返せないかもしれないが、これからは自由だ。やりたいことをちゃんとやってくれよ」

琴音「で? 剛史はどうするのよ?」

政義「そうそう。何かしたいことあるのか?」

剛史「そうだなぁ……。とりあえずは、隠居暮らし。ゆっくりした生活を送るさ」

琴音「何それー、ジジくさーい!」

政義「あははは。でも、ま、剛史らしいや」

剛史「それじゃ、二人とも、もう会うことないと思うけど、元気でな」

琴音「うん、元気で」

政義「元気で!」

場面転換。

街中を歩く剛史。

剛史「ふあー。うう、眠い。どこか店に入って、コーヒーでも飲むか……」

男「いいじゃねーか、な? ちょっとだけ! 1、2時間付き合ってくれるだけでいいんだって」

女「や、やめてください!」

剛史「はあ……。まったく、この町は……」

剛史が歩み寄る。

剛史「嫌がってるじゃないか。止めてやれ」

男「なんだ? おっさんは関係ないだろ」

剛史「いや、俺もさ、律儀にこんなことしなくていいとは思うんだよ」

男「なに、ぶつぶつ言ってんだ! 消えろ!」

剛史「少し、眠って頭を冷やすといいよ」

男「ああ?」

トン、と剛史が男の首筋に打撃を打ち込む。

男「うっ……」

ドサッと倒れる。

女「あ、あの……ありがとうございました」

剛史「ああ、いや、別に……」

そのとき、車のクラクションが鳴り響く音。

剛史「ったく、次から次へと……」

剛史が走り出す。

剛史「おばあちゃん、道の真ん中で何やってんの」

おばあさん「え? ああ、ちょっと道を渡ろうと思って……」

剛史「そんなんじゃ轢かれちゃうよ。ほら、荷物は持ってあげるから、急いで渡ろう」

おばあさん「済まないねえ」

場面転換。

部屋で寝ている剛史。

剛史「(寝息)」

インターフォンが何度も鳴る。

剛史「ん? んー。はいはい。何ですか?」

剛史が起き上がりドアを開く。

青年「剛史さん、大変です!」

剛史「……後じゃダメ? さっき、町の見回りから帰ってきたばっかりなんだよ」

青年「すいません。ですが、銀行強盗が現れて……」

剛史「おいおいおい。物騒だな。まだ、怪人がいた頃の方が、治安良かったんじゃないのか?」

青年「ある意味、怪人がいることで、人間は一致団結できてましたからね」

剛史「共通の敵がいなくなったから、今度は人間同士で争う、ってか? で? 場所は? どこの銀行だ?」

青年「あ、案内します! こっちです!」

場面転換。

銀行強盗が銃を乱射する。

悲鳴が響き渡る。

銀行強盗「早くしろ! このかばんにありったけの金を入れろ! おい! 何、グズグズしてやがる! ハチの巣にされてえのか!」

剛史「はいはい、そこまで。今、投降すれば、痛い目にあわないで済むぞ」

銀行強盗「んだ、てめえは!? 消されてえのか!?」

剛史「あのさあ、俺、今、すげー眠いだよね。さっさと終わらせて帰りたいんだよ! わかるか?」

銀行強盗「知らねえよ! 消えな!」

銀行強盗が銃を乱射する。

剛史「ったく、危ないな」

銀行強盗「なっ! いつの間に後ろに!?」

剛史「お休みなさーい!」

ドスっと銀行強盗の腹を殴る剛史。

銀行強盗「うっ……」

ドサリと倒れる銀行強盗。

剛史「ふう。これで、帰って寝れる」

場面転換。

トボトボと歩いている剛史。

そこに青年が走って来る。

青年「剛史さん、大変です!」

剛史「……今度はなに? さすがにもう寝たいんだけど」

青年「3丁目で火事です! 子供が2人取り残されてまして……」

剛史「いや、それは消防の仕事なんじゃないか?」

青年「そ、そうですよね……すいません」

剛史「はあ……。わかったわかった。どこだ? 早く案内して」

青年「はい! こっちです!」

場面転換。

スズメの鳴く声。

剛史「結局、調書が朝までかかっちまったな。……げ! もう7時じゃねーか。どうするかな。このまま町に見回り行くか、3時間寝るか……。いや、今寝たら起きれないな。さっさと見回りに行くか」

剛史が歩き出そうとした瞬間、眩暈に襲われう。

剛史「あれ? なんだ……これ? 意識がもうろうとして……」

ドサっと倒れる剛史。

場面転換。

病院内。

剛史「はっ! あれ? ここは……?」

政義「病院だよ」

琴音「お医者さんの話だと、過労だってさ」

剛史「政義、琴音……。どうして?」

琴音「どうしても、こうしてもないよ!」

政義「全く! 何が、隠居してゆっくり過ごすだよ。怪人と戦ってたときより、過酷な生活してるみたいだね?」

剛史「いや、それが……その……」

琴音「あーあ。またブラックな生活に戻るのかー」

政義「ま、俺ららしくていいんじゃない?」

琴音「そうだね」

剛史「おい、なんの話をしてる。お前らは自由なんだ。俺に付き合わなくていいい」

政義「あのさ、剛史が言ったんだぜ」

剛史「え?」

琴音「私たちにやりたいことをやれって」

政義「って、ことでガオレイン、再結成だ」

琴音「まあ、今度の相手は怪人じゃないけどね」

剛史「……二人とも、本当に、ありがとう」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

0