さよなら記念日

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、ラブストーリー

■キャスト
拓(たく)
愛梨(あいり)

■台本

拓(N)「愛梨に出会ったのは、桜が咲き始めた頃のことだった」

場面転換。

道で、うずくまって泣いている愛梨。

愛梨「う、うう……」

そこに通りかかる拓。

拓「……」

通り過ぎようとするが、立ち止まる。

拓「……余計なお世話かもしれないけど、こんな遅い時間に一人でいるのは危険だぞ」

愛梨「……余計なお世話」

拓「あっそ……」

歩き出そうとする拓。

だが、愛梨のお腹が盛大に鳴る。

拓「……」

愛梨「……」

拓「……余計なお世話かもしれないけど、飯、食うか?」

愛梨「食べる」

拓「……余計なお世話じゃないんだな」

場面転換。

拓の家。

部屋の中にいる拓と愛梨。

愛梨がカップラーメンをすすっている。

拓「……あのさ」

愛梨「(食べながら)なに?」

拓「なんで、飯奢ってやるって言ってんのに、俺んちでカップ麺なんだよ?」

愛梨「こんな顔でお店に入れるわけないでしょ」

拓「こんな顔って、どんな顔だよ?」

愛梨「泣いて化粧落ちて、目が真っ赤で、顔が腫れぼったくなってるでしょ!」

拓「あっそう……」

ズルズルと愛梨がラーメンを食べる。

拓「……あのさ」

愛梨「なに?」

拓「普通、さっき会ったばっかりの男の家に入るか?」

愛梨「あんたが、ご飯奢ってくれるって言ったんでしょ?」

拓「だから、店で食べようって言ってんのに」

愛梨「それだと、食べ終わった後、行く場所ないじゃん」

拓「……っ!? おまっ! うちに泊まる気かよ?」

愛梨「遅い時間に一人だと危険なんでしょ?」

拓「いや、今の状況も、かなり危険だと思うぞ」

愛梨「……あんたが? はっ(鼻で笑う)」

拓「うわっ! 感じ悪!」

愛梨「ま、あんたに襲われたなら、それまでの女だったってことよ」

拓「全然、カッコよくないからな、そのセリフ」

拓(N)「結局、その日は、愛梨がベッドを使い、俺はキッチンの隅で厚着をして寝ることになった。……まあ、寝れなかったんだけども。そして、愛梨は次の日、あっさりと家から出て行ったのだった。……別に何かを期待してたわけじゃないけど、あまりにもあっさりしていたので、なんていうか、恩知らずって思っただけだ」

場面転換。

拓が歩いていると、後ろから愛梨が走って来る。

そして、後ろから拓に抱き着く愛梨。

愛梨「拓―!」

拓「おわあ! ビックリした!」

愛梨「あはははは」

拓「……」

愛梨「いやあ、探したよー。やっぱ、この道通るよね」

拓「……探した? なんで?」

愛梨「いや、だって、鍵ないし」

拓「鍵? なんの?」

愛梨「家の」

拓「……おい、待て。お前、その荷物って……」

愛梨「ん? 私の私物。友達のとこにおいてたったのを取りに行ってたの」

拓「おまっ! 一緒に住む気か?」

愛梨「嫌なら、出てっていいよ」

拓「なんで、俺が出てかなきゃならないんだよ!」

拓(N)「出て行くとき、あっさりしていたのは、単に荷物を取りに出て行っただけだったらしい。とにかく、愛梨に押し切られるような形で、俺たちは一緒に住むようになった……」

場面転換。

歩いている拓。

そこに愛梨が駆け寄ってくる。

愛梨「拓―」

拓「お、愛梨か。式、終わったのか?」

愛梨「結局、来てくれなかったね」

拓「……行けるわけないだろ」

愛梨「なんで?」

拓「あのなぁ。俺はお前の親じゃないんだぞ。卒業式なんかに出たら、ヘタすると通報されるだろうが」

愛梨「うーん。保護者枠で来ればいいじゃん」

拓「……保護者枠って」

愛梨「あ、そうだ。卒業のお祝いに、今日は美味しいもの食べようよ。奮発するよ」

拓「……俺が払うのに、お前が奮発するって言うな」

愛梨「あははは」

拓(N)「保護者。そう。愛梨にとって、俺は単なる保護者なのだ。今年で愛梨は成人する。そうなれば、家も借りられるはずだ。……そのときは出来るだけの支援はしてやろうと思う」

場面転換。

拓が歩いている。

拓「……お? 愛梨だ」

拓が早足で愛梨に追いつく。

拓「お疲れ」

愛梨「あ、拓」

拓「どうだった? 初出勤は?」

愛梨「……辞めたい」

拓「早過ぎだろ」

愛梨「あーあ。転職したいなぁ」

拓「早過ぎだろ」

愛梨「よし! じゃあ奮発して美味しい物を食べよう!」

拓「……はいはい。初出勤記念か」

愛梨「うーん。違うよ」

拓「え?」

愛梨「確かに、今日は記念日だけど、初出勤記念日じゃないんだなぁ」

拓「どういうことだよ?」

愛梨「あれれ? 覚えてない?」

拓「……あっ」

拓(N)「そうだ。今日は、愛梨に出会った日」

愛梨「そう。さよなら記念日」

拓「……は?」

愛梨「彼氏と別れた日なんだ」

拓「……そっか」

拓(N)「愛梨にとっては、俺と出会ったことよりも、元彼と別れたことの方が重要なことらしい」

拓「……だから、泣いてたのか」

愛梨「そゆこと」

拓「そっか。……じゃあ、美味いもん食って、パーッと忘れるか」

愛梨「ううん。忘れない。忘れたくないよ」

拓「……」

愛梨「だって、すごく大切な記念日だから」

拓「そう……だよな」

愛梨「さよなら記念日がなかったら、私の恋は始まらなかったから」

拓「え?」

愛梨「さよなら記念日は、出会い記念日でもあるからね」

拓「……」

愛梨「さよならがなかったら、拓と出会えなかった。だから、私にとってさよなら記念日はとっても大切な日」

拓「……愛梨」

愛梨「あ、どうせだったら、結婚記念日にもしちゃう?」

拓「(咽る)……ば、バカ言うなよ!」

愛梨「えー! なんで? 責任取ってくれないの?」

拓「なんの責任だよ!」

愛梨「あははは。じゃあ、今日はさよなら記念日で、出会い記念日で、付き合った記念日ってことで!」

拓「……ったく」

拓(N)「この後、俺たちは一緒に多くの記念日を迎えることになる。愛梨に振り回され続けながら」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉