アリとキリギリス

アリとキリギリス

■概要
主要人数:3人
時間:10分~14分

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、童話、シリアス

■キャスト
アリ
キリギリス
モノローグ
その他

■台本

モノローグ「昔々あるところに、働き者のアリと怠け者のキリギリスがおりました。アリは冬の訪れに備えて、せっせと働きます。ですが、キリギリスのほうは……」

アリ「よいしょ、よいしょ!」

キリギリス「よお! 相変わらず、一生懸命働いてるな」

アリ「キリギリスさんも少しは働いたらどうです? もうすぐ冬ですよ。たくわえ、あるんですか?」

キリギリス「はあ? 蓄え? あるわけねえじゃん」

アリ「……どうするんですか?」

キリギリス「あのなあ、よく考えてもみろよ。働いて働いて、働きつくして長い人生を過ごして何が楽しいんだ? そんなのはただ生きてるってだけろ。やっぱ、人生は楽しくいきなきゃな」

アリ「でも、働かないと生活できなくなりますよ」

キリギリス「いいんだよ。俺は太く短くがモットーだからな。冬までいっぱい遊んで、冬が来たら諦めるさ」

アリ「……キリギリスさん。今は確かにそう思うかもしれませんが、冬が間近に迫った時、後悔することになりますよ。それなら、今辛くても、少しくらい頑張ってみたらどうですか?」

キリギリス「お前とは相容れねえ。生物にはそれぞれ生き方ってもんがある。それを強要してんじゃねえよ」

アリ「そうですか。わかりました。失礼します」

  アリが再び歩き出す。

キリギリス「はあ、やだやだ。あんな生き方、楽しいのかね。俺はちゃんと人生を謳歌して見せるぜ」

  場面転換。

  キリギリスの歌。

アリ「よいしょ、よいしょ!」

キリギリス「ん? アリじゃねえか。今日も頑張ってるな」

アリ「素敵な歌声ですね。キリギリスさん」

キリギリス「はは。サンキュー。どうだ? お前も一緒に歌わないか?」

アリ「僕には無理ですよ。やったことないですし」

キリギリス「俺だって、最初はやったことなかったさ。大丈夫、難しく考えないで、やってみればいいんだって」

アリ「……すみません。興味はあるんですが、僕には仕事があって」

キリギリス「……そっか。まあ、そういうならしゃーないな。こんなこと、無理やりさせるもんじゃないし」

アリ「誘っていただいて、ありがとうございました。嬉しかったです」

キリギリス「こっちこそ、俺の歌を聴いてくれてありがとな」

アリ「それでは、失礼します」

  再びアリが歩き出す。

キリギリス「うーん。アリは本当に働き者だけど、全然、幸せそうじゃないな……」

  場面転換。

  キリギリスの歌。

キリギリス「アリは~働き者~。どんな大きなものでも~運んでしまう~」

アリ「あはは。なんか照れてしまいますね」

キリギリス「どうだ? お前の応援歌だ」

アリ「とっても嬉しいです。あの、また、聞かせてもらってもいいですか?」

キリギリス「もちろんだ! いつでもリクエストくれよな!」

  場面転換。

  大勢の虫が集まっている。

  そんな中、キリギリスが歌っている。

キリギリス「俺は~キリギリス~。サイコーに~ロックな生き方を~めーざーすぅー!」

  大勢の拍手。

キリギリス「ありがと、ありがと」

ダンゴムシ「すごいすごい! 綺麗な歌声!」

蝶「とっても素敵だわ」

アリ「うんしょ、うんしょ」

キリギリス「よお、アリじゃねえか」

アリ「あ、キリギリスさん」

蝶「あら、お知り合い?」

キリギリス「おう、アリだ。俺のマブダチ」

アリ「え?」

ダンゴムシ「ええー、いいなぁ。こんな素敵な友達がいて、羨ましいな、アリさんは」

キリギリス「あ、そうだ。今度、ライブやるからアリも来てくれよ。特等席、用意しておくから」

アリ「い、いいの?」

キリギリス「もちろんだ!」

蝶「いいなー!」

  場面転換。

  キリギリスの歌。

キリギリス「センキュー!」

  ワッと拍手が盛大に起こる。

キリギリス「どうだった?」

アリ「最高だったよ! 呼んでくれてありがとう!」

  場面転換。

  キリギリスの歌。

  パチパチと少数の拍手。

キリギリス「センキュー!」

アリ「本当にキリギリスさんの歌は素敵だね」

キリギリス「そう言ってくれるのはアリだけだぜ。最近は聞いてくれる奴が本当に少なくなってきてんだよな。飽きてきたのか?」

アリ「いや、もう秋だし、冬に備えてみんな食べ物とか集めてるんだと思う」

キリギリス「……なるほどな。歌なんて聞いてる場合じゃねえってか」

アリ「……キリギリスさんも」

キリギリス「ん?」

アリ「う、ううん。なんでもない。それじゃね」

  アリが歩き出す。

キリギリス「俺の人生も、残りわずかってわけか。よし! 最後まで、俺は走り抜けるぜ!」

  場面転換。

  冷たい風。

キリギリス「うう……寒い。くそ、せめて家くらいは作っとくべきだったか? いや、俺は冬まで精いっぱい生きるって決めたんだ。後悔はない。受け止めよう」

  そこにアリがやってくる。

アリ「キリギリスさん……」

キリギリス「よお、アリ。俺を看取ってくれに来たのか? それとも、そら見たことかって言いに来たのか?」

アリ「うちに……来てくれませんか?」

キリギリス「は? なに言ってるんだよ。俺は決めたんだ。最後までロックに生きるって」

アリ「ごめんなさい。これは僕のわがままです。僕、来年もキリギリスさんの歌を聴きたいんです」

キリギリス「アリ……」

  場面転換。

  キリギリスの歌。

  アリが拍手する。

キリギリス「サンキュー!」

アリ「素敵な歌声です」

キリギリス「アリは俺の命の恩人だ。これから春までは、お前のために歌って歌って歌い尽くすぜ!」

アリ「ありがとうございます!」

  場面転換。

  腹が鳴る音。

アリ「ごめんなさい。キリギリスさん。今夜はこれだけしか出せなくて」

キリギリス「何言ってるんだ。分けてくれるだけで俺は助かってるんだから」

アリ「すみません。僕がもう少し食べ物を集めてれば……」

キリギリス「そんなことない! お前の頑張りは俺が一番見てきた。お前は誰よりも働いてたさ」

アリ「ありがとう、キリギリスさん」

  場面転換。

  お腹が鳴る音。

キリギリス「今まで世話になったな」

アリ「え? 何を言ってるんですか?」

キリギリス「俺は出ていく」

アリ「ダメです! 今、外なんか出たら……」

キリギリス「いいんだ! いや、最初から俺はここに来るべきじゃなかったんだ。俺はこうなっても仕方ない。だって、遊び惚けてたんだからな。だが、お前は違う! 一生懸命働いて働いて、冬への備えをしてきたんだ! お前まで犠牲になることなんてない!」

アリ「僕はキリギリスさんがいたから、働けたんだ!」

キリギリス「アリ……」

アリ「僕の働くだけのつまらない毎日を、楽しいものにしてくれたのは、キリギリスさんです。……だから、僕はキリギリスさんに恩返しをしたかったんです」

キリギリス「……逆さ」

アリ「え?」

キリギリス「お前は、俺に恩を感じることなんてないんだ。だって、救われてたのは俺の方だったんだから」

アリ「……」

キリギリス「俺の歌を聞いてくれて、素敵だって言ってくれて。……お前がいてくれたから、俺は冬まで本当に楽しく生きられたんだ」

アリ「キリギリスさん……」

キリギリス「だから頼む。お前はこれからも、生きてくれ」

  ナイフを出すキリギリス。

アリ「え? 何をするつもりですか?」

キリギリス「もっと早くこうすればよかったな」

アリ「待って、キリギリスさん!」

  キリギリスが自分の腹をナイフで刺す。

アリ「キリギリスさん!」

キリギリス「これで……食料の減りも少なくなる……いや、ちょっとは増える、かな」

アリ「嫌だ! キリギリスさん!」

キリギリス「本当は……もっと早く……俺はこうなるはずだった……」

アリ「キリギリスさん!」

キリギリス「ははは……。本当に……楽しかった……ありがとうな……」

アリ「キリギリスさん! キリギリスさん! うわーーー!」

ナレーション「それから春が訪れ、アリの家では二つの寄り添った亡骸が見つかったそうな。どちらも本当に幸せそうな顔をしていて、二つの亡骸は丁重に葬むられ、この村では強い絆の物語として、語り継がれたとさ。おしまい」

終わり

〈声劇用の台本一覧へ〉

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉