永遠の友人へ

永遠の友人へ

前の10枚シナリオへ〉 の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:3人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト


父親
拓也
※大人の稔と父親は兼ね役。拓也と子供の頃の稔は兼ね役

■台本

  鳩の鳴く声。

稔「あ、父さん。ハトだ! 可愛いなぁ……うっ! うう……はあはあはあ……」

父親「稔。落ち着いて。ほら、ゆっくり深呼吸して」

稔「すーはー。すーはー」

父親「さ、今日はもう横になって」

  パタパタと鳩が羽ばたいて飛んでいく。

稔「あ、行っちゃった」

父親「なんだ。稔は鳩が好きなのかい? それなら、今度、私が捕まえてあげよう」

稔「ううん。いいの。鳥は自由だから好きなんだ。カゴに入れられたりなんかしたら、そのハトが可哀そうだよ。……そんなの、僕みたいだ」

父親「稔……」

稔「ねえ、お父さん。僕、もう少し大きくなったら、手術、できるようになるんだよね?」

父親「ああ。そうだ。そうすれば、稔も外に出て、遊べるようになるからな」

稔「うん……。早く、大きくなりたいな……」

父親「すぐさ。さ、もう寝なさい」

稔「うん……。おやすみなさい、お父さん」

父親「お休み、稔」

稔(N)「僕は早く大きくなりたかった。すぐにでも、大人になりたかった……」

  場面転換。

  雀が鳴く声。

稔「(寝返り)ん……」

蓮「よお! 起きたか?」

稔「うわああ!」

蓮「おわっ! ビックリした! 急に叫ぶなよ」

稔「き、君、だれ? なんで、僕の部屋にいるの?」

蓮「俺は、蓮だ! お前の友達になってやる」

稔「……どこから入ったの?」

蓮「ん? ああ、窓からだ」

稔「ど、ドロボー……」

蓮「友達だって言ってんだろ」

稔「け、警察。お父さん!」

蓮「人の話を聞けー!」

  ポカリと頭を叩く蓮。

稔「痛い!」

蓮「そんなに強く叩いてねーだろ」

稔「な、なんの目的で僕の部屋に侵入してきたの?」

蓮「ほう。稔はなかなか難しい言葉を知ってるんだな」

稔「……結構、本とか読むから」

蓮「ふーん。お前も本好きか」

稔「……お前も?」

蓮「まあ、いいや。で、なにする?」

稔「え? なにって?」

蓮「いや、友達が来たんだから、遊ぶに決まってんだろ」

稔「友達? 遊ぶ?」

蓮「あのなあ、さっきも言っただろ。俺はお前の友達だって。ほら、いいからさっさと起きろ。寝てたら遊べないだろ」

稔「で、でも……僕、外に出られないんだ」

蓮「甘いぞ、稔! 遊びなんてものはな、場所は関係ないんだ」

稔「どういうこと?」

蓮「なにも外で遊ぶだけが、遊びじゃないってこと。工夫次第で、家の中でもいろいろなことができるんだ」

稔「家で遊ぶって言っても、ゲームとかももってないし」

蓮「ゲームを使って遊ぶなんて邪道だ。遊ぶものがないなら、作る! それだって遊びのうちだ」

稔「作るって何を?」

蓮「紙とペンはあるか?」

  場面転換。

蓮「3Cに攻撃」

稔「あ、当たりだ!」

蓮「ふっふっふ。俺の勝ちだな」

稔「これ、面白いね」

蓮「海戦ゲームっていうんだ。な? 別に外に行かなくても遊べるだろ?」

稔「うん! もう一回やろう!」

蓮「いいぜ! 返り討ちにしてやる!」

  場面転換。

稔「5Aに魚雷」

蓮「ぎゃーー!」

稔「へへへ! 10連勝―」

蓮「もう一回だ、もう一回!」

  ドアが開く音。

父親「稔、どうしたんだ? 起きてこないで。ご飯食べないのか?」

稔「あ、お父さん、ごめんなさい。友達と遊んでて」

父親「……友達?」

蓮「お邪魔してるぜ!」

父親「そうか。ありがとう。息子と仲良くしてやってくれ」

蓮「ああ」

父親「それなら、ご飯は部屋に持って来よう」

稔「うん! ありがとう!」

蓮「あ、俺は食べてきたから大丈夫」

父親「それじゃ、蓮くん。ゆっくりしていってくれ」

蓮「おう!」

  ドアがパタンと閉まる。

蓮「よし、じゃあ、次はオセロやろうぜ」

稔「あれ? 海戦ゲームは?」

蓮「お前、強すぎるから面白くねえ」

稔「あはは。うん、じゃあ、オセロやろう」

稔(N)「それからは、毎日のように蓮くんが遊びに来て、僕たちは家の中で遊んだ。そのときはもう、僕は外に出たいとは思わなくなっていた。だって、毎日が本当に楽しかったから」

  ドアが開く音。

父親「稔。そろそろ、病院に行くぞ」

稔「えー、今、いいところなの。今日は行かない」

蓮「何言ってんだ、行けよ」

稔「なら、蓮くんも一緒に行こうよ」

蓮「行くわけねーだろ、アホか」

父親「ほら、我がまま言わないで行くぞ」

稔「はーい……」

  場面転換。

  車内。

父親「稔、変わったな」

稔「え? そう?」

父親「前は病院楽しみにしてただろ。それが、行きたくないって言うなんて驚いたよ」

稔「蓮くんに会う前は、早く手術受けたかったから。それに病院に行く日は外に出られるからさ」

父親「そういえば外に出たいって言わなくなったな」

稔「うん。だって、家の中でも面白い遊び、いっぱいあるから!」

父親「……そうか。でもな、稔。……お前の手術日が決まったんだ……。稔の誕生日の一か月後になった」

稔「え? ホント!? じゃあ、外に出られるようになる?」

父親「ああ。もちろんだ」

稔「やったー! 今度は蓮くんと外で遊ぼうっと」

父親「……」

  場面転換。

蓮「おめでとう、稔。手術、決まったんだってな」

稔「うん! あのね、手術受けたら、外に出れるようになるって。だから、今度は外でも遊べるよ」

蓮「……悪いな。俺、外、ダメなんだ」

稔「え? そうなの……? じゃあ、いつも通り、家で遊べばいいよ」

蓮「いや、お前は外で遊べ。ちゃんと友達も作ってな」

稔「嫌だよ! 友達は蓮くんだけでいい」

蓮「何言ってんだ。あれだけ、外に出たいって言ってたくせに」

稔「家の中でも色々遊べるってわかったから、もういいんだ。外に出なくても」

蓮「出られるんだから、出ろ!」

稔「蓮くん?」

蓮「どっちみち、そろそろお前とは会えなくなる。だから、お前はちゃんとした友達を外で作れ」

稔「……何言ってるの? なんで、会えなくなるの?」

蓮「俺は……座敷童なんだよ」

稔「あはは……座敷童って、妖怪の?」

蓮「そうだ」

稔「でも、蓮くん、着物着てないし、おかっぱ頭じゃないよ」

蓮「妖怪にも流行があるんだよ」

稔「……僕は蓮くんが座敷童でもいい。友達は蓮くんだけでいいから」

蓮「……ありがとな。けど、ダメなんだ。座敷童は子供にしか見えないんだ。そろそろ、お前にも俺が見えなくなる」

稔「そんな! 嫌だよ!」

蓮「仕方ねーだろ。同じような年齢のときにしか見えねーようになってんだから」

稔「……じゃあ、蓮くんも年取ればいい。そうすれば、僕が大人になっても、ずっと友達でいられるもん」

蓮「あほ。それじゃ座敷親父になっちまうだろ」

稔「いいじゃん! 座敷親父、格好いいよ! だから、お願い! これからもずっと一緒にいようよ!」

蓮「さんきゅー。でもな、稔。たとえ、見えなくなっても俺たちはずっと友達だ」

稔「嫌だよ! 消えないで! 僕、ずっと蓮くんと一緒にいるんだ!」

蓮「じゃあな、稔。これからも見守っててやるから」

稔(N)「それが蓮くんに会った、最後だった。あれから無事に手術が成功し、僕は自由に外に出られるようになった。あんなに外に出たかったのに。あんなに早く大人になりたかったのに。自由に出られるようになった空は、少し寂しい感じがした。そして、それから20年が経った」

  ノックした後、ドアを開ける稔。

稔「拓也。何してるんだ? お昼ご飯できてるぞ」

拓也「あ、お父さん! 僕ね、友達ができたんだ」

稔「友達……? そうか。ありがとう、蓮くん。息子と仲良くしてやってくれ」

稔(N)「蓮くんは約束通り、ずっと僕を見守ってくれていた。蓮くんの言う通り、僕らはこれからもずっと友達だ」

終わり

前の10枚シナリオへ〉 の10枚シナリオへ〉