偽物の気持ち

偽物の気持ち

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、ファンタジー、シリアス

■キャスト
アリア
アレックス

■台本

アリア(N)「私には好きな人がいます。きっと、この想いは愛と呼べるものだと思います。でも……この気持ちは、きっと偽物なのでしょう」

アレックス「おはよう、アリア。具合はどうだい?」

アリア「ありがとうございます、アレックス。今日はとても気分がいいです」

アレックス「あははは。アリア、敬語はやめてくれって言ってるだろ。もう、夫婦なんだからさ」

アリア「そうだったわね。ごめんなさい。そうだ、朝食は何がいいかしら? あなたの好きなトーストとスクランブルエッグなら、すぐに作れるわよ」

アレックス「アリア、いけないよ。君はまだメイドだったときの癖が抜けていないようだね。もう僕の世話をする必要はないんだ。というより、君は病気なんだから、なにかあったら僕を頼ってほしい」

アリア「アレックス……。私はあなたと一緒にいるだけで幸せよ」

アレックス「アレア、僕もだよ。だから……絶対に無理はしないでくれ。君を失ったら、僕は生きてはいけない」

アリア「大丈夫よ、アレックス。私は、あなたの傍から離れないわ。絶対に……永遠に」

アレックス「ありがとう、アリア。愛してるよ」

アリア「私もよ、アレックス」

場面転換。

アレックス「……ダメだ。細胞の崩壊が止まらない。カリウムの濃度が足りないのか? いや、落ち着け。最初から見直そう。遠回りでも、確実に進める。それが最善のはずだ」

コンコンとノックの音。

アリア「あなた、コーヒーを淹れたわよ。少し休んだらどう?」

アレックス「ありがとう。いただくよ」

コーヒーを受け取り、すするアレックス。

アレックス「……あれ? 淹れ方を……いや、豆に何かを入れたのかい?」

アリア「ええ。最近、あなた、疲れているみたいだから、ハーブを少し混ぜてみたの」

アレックス「うん。とっても美味しいよ。ありがとう。……でも、いつもの淹れ方も忘れないでくれよ?」

アリア「あら、口に合わなかったかしら。淹れ直す?」

アレックス「いや、そうじゃないんだ。美味しいよ、これ。本当に。ただ、いつものコーヒーの味は忘れたくないんだ」

アリア「……明日の朝は、いつものコーヒーを淹れるわ」

アレックス「ありがとう。……でも、アリア。まだ君は僕に気を使ってるんじゃないかい? そういうときは、拗ねてもいいんだよ?」

アリア「ふふ。あなたこそ、まだ私を子ども扱いしてないかしら? そんなことで拗ねたりしないわよ」

アレックス「そうか……。そうだな。悪かった」

アリア「ねえ、あなた。今日はもう研究は終わりにしない? なんだか、今日はあなたとたくさんお話したいの」

アレックス「ああ。そうだね。僕も君と話したいと思っていたんだ。あ、そうだ。どうせなら、明日、湖畔に行かないか? 二人の思い出の場所。そこで君と語り合いたい」

アリア「ええ。楽しみにしてる」

場面転換。

アリア「綺麗ね……」

アレックス「ああ。ここは夕日がとても綺麗で……夕日に照らされた君は、もっときれいだった」

アリア「……」

アレックス「アリア、覚えているかい? ここで僕は君にプロポーズしたんだ」

アリア「ええ。もちろん、覚えているわ。ここであなたは永遠の愛を誓ってくれた」

アレックス「ああ。そうだ。そして君も……」

アリア「……」

アレックス「それなのに、君は……」

アリア「落ち着いて、アレックス。私はどこにもいかない。ずっと傍にいるわ」

アレックス「アリア……。アリア、アリア! 僕は……君が好きだった。愛していた」

アリア「アレックス。私もよ。この気持ちはあのときからずっと変わらないわ」

アレックス「……違う。違う、違う、違う違う違う違う、うわあああああああああ!」

場面転換。

コンコンとドアがノックされ、アレックスが部屋に入ってくる。

アレックス「アリア。すまなかった。取り乱してしまって……」

アリア「気にしないで」

アレックス「……もう、こんなことはやめた方がいいのかもしれないな」

アリア「……」

アレックス「僕の我儘に、これ以上、君をつき合わせるなんて……」

アリア「私は平気よ。いえ、私はそのために生まれたんですもの」

アレックス「……確かに、君を生み出したの僕だ。だけど……だからといって、僕の意思に従う必要はないんだ。君は、君の人生を生きていい」

アリア「私はアレックスが好き。愛してるわ」

アレックス「違う、違うんだ。その感覚も僕が刷り込んだものだ。君の本当の気持ちなんかじゃない」

アリア「……」

アレックス「君はアリアの肉体から作り出したホムンクルス。姿はアリアとそっくりでも、違う存在だ」

アリア「……確かにこの体はあなたが作ってくれたものです。でも、心は……気持ちは私の……私だけのものです」

アレックス「違う、違うんだ! まっさらだった君の心に、僕はアリアの記憶を植え付けた。姿だけじゃなく、感情や気持ちまで、アリアに近づくように誘導した。だから、君が僕を好きになったのは、アリアの感情をトレースしたからだ」

アリア「違います! 確かに、アリアの記憶や感情を理解するために、あなたを好きになるように教えられました。ですが……今の、この気持ちは……私の本当の気持ちです!」

アレックス「もう……やめてくれ。君はアリアじゃない。僕が愛したのは……愛されたいのはアリアだ」

アリア「アリアは死にました。今は、私がアリアです」

アレックス「違う! 違う! 違う! 君はホムンクルスで……アリアじゃない……偽物だ」

アリア「偽物と本物。その境界はどこにあるんでしょうか? たとえ、偽物でも、お互いが本物と信じていれば、本物になれるのではないでしょうか?」

アレックス「違う! 偽物は偽物だ! だから、僕も……。あ? あ? ああ? ぼ、ぼ、僕も」

アリア「アレックス! 落ち着いてください! あなたは本物です! アレックスです!」

アレックス「本物? 偽物? ほんものほんmのほんもおおおおおおおおおお! あああああああっ!」

アリア「アレックス!」

アレックス「あ……ぐっ!」

ドサリと倒れるアレックス。

アリア「……また、失敗ですか。安心してください。すぐに作り直しますから」

アリア(N)「私は偽物。なにをしても本物にはなれない。でも、この気持ちは……アレックスを愛しているという気持ちは、私だけのもの。だから私は繰り返す。この想いが本物になることを祈り続けて」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉