【声劇台本】心の砂

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
坂下 孝人(さかした たかと)※小学生
香田 淳史(こうだ あつし)※小学生
教師
その他

■台本

さらさらと砂が落ちる音。

孝人(N)「僕の心の中には大きな砂場がある。僕は今まで、ここにたくさんのものを埋めてきた。この砂場があるから、僕は平穏に暮らしていける」

場面転換。

学校の教室。

教師「このクラスの、学芸会の実行委員なんだが、誰か立候補する奴はいないか? 別に難しいことはないんだ。毎週、生徒会が開く実行委員会に出て、話を聞いてくるだけだ。まあ、多少の雑用があるかもしれないが、そんなに大変なものじゃないと思う」

男子生徒1「うわー。面倒くせえ。お前やれよ」

男子生徒2「ヤダよ。お前がやれって」

教室内がザワザワと騒がしくなる。

教師「静かにしてくれ。……参ったな。誰も立候補しないなら、先生が勝手に決めるぞ。いいか?」

男子生徒3「先生。坂下君がいいと思います」

孝人「……」

男子生徒1「うんうん。俺も賛成! 坂下がいいと思う」

さらさらと砂が落ちる音。

教師「そうか……。坂下、どうだ? 引き受けてくれるか?」

孝人「……はい」

教師「すまんな。じゃあ、頼んだぞ」

パチパチパチと教室内から拍手が沸き上がる。

さらさらと砂が落ちる音。

孝人(N)「嫌なことは心の砂場に埋める。嫌だと思ったことを埋めてしまえば、僕は平気でいられる」

場面転換。

教師「おい! 今日の日直誰だ? 宿題のノート、全員分の集めて職員室に持ってきてくれ」

男子生徒2「あ、俺、今日、日直だった。面倒くせー」

教師「放課後までにちゃんと持って来いよ」

教師が教室から出ていく。

男子生徒2「ごめん、坂下。俺の代わりにノート集めて、先生のとこに持ってってくれね?」

さらさらと砂が落ちる音。

孝人「……いいよ」

男子生徒2「サンキュー! じゃあ、頼んだぞ」

場面転換。

放課後の教室内。

男子生徒3「すまん、坂下! 今日の掃除当番、変わってくれ!」

さらさらと砂が落ちる音。

孝人「……いいよ」

男子生徒3「ありがとう! ホント、いつもありがとな!」

男子生徒3が教室から出ていく。

孝人「……はあ」

淳史「お前なぁ。嫌なら、断ればいいだろ」

孝人「香田くん……」

淳史「そうやって、なんでも引き受けるから、相手が付け上がるんだぞ」

孝人「いいんだ、別に。僕が我慢すれば、上手くいくんだから」

淳史「我慢すれば……か。お前の今までの人生が容易に想像つくな」

孝人「それに、逆を言うと、それだけ頼られてるってことでしょ? それは嬉しいことだよ」

淳史「嬉しいこと、ね。死んだ魚の目をして言われても説得力がないな」

孝人「僕は、嫌なことは埋めることができるから平気だよ」

淳史「埋める?」

孝人「うん。僕の心の中には大きな砂場があるんだ。そこにね、嫌なことがあったら、埋めていくんだ。心の中で、嫌なことに砂をかけていくの。そしたら、自然とね、嫌な気持ちが消えていくんだ」

淳史「末期状態だな。……ちょっと来い!」

淳史が孝人の手を掴んで引っ張っていく・

孝人「ちょ、ちょっと、掃除しないと」

淳史「いいから来い!」

場面転換。

淳史と孝人が立ち止まる。

子供たちが遊んでいる声が聞こえる。

淳史「よし、着いた」

孝人「公園?」

淳史「なあ、坂下。お前さ、自分が断ったら、みんなに迷惑が掛かると思ってないか?」

孝人「え? う、うん。僕が我慢すれば、上手くいくから、だから僕は……」

淳史「残念」

孝人「え?」

淳史「良くも悪くも、周りはお前にそんなに興味ないって」

孝人「……どういうこと?」

淳史「お前が我慢したところで、別に周りには影響なんてないんだよ」

孝人「そ、そんなことないよ!」

淳史「あそこ、見ろ」

孝人「……あ、子供が転んでる」

淳史「周りの友達は転んだ奴に見向きもしないで遊んでる。……ほら、転んだ奴も何事もなく立ち上がっただろ」

孝人「……」

淳史「あとは、あそこのブランコを見ろ」

孝人「男の子が座ってる」

淳史「あいつ、ずーっと、ブランコに座ってるだけだ。で、さっきからチラチラとブランコに乗りたさそうな2人組がいるな。けど、すぐに違う遊具のところに行ったな」

孝人「これと同じって言いたいの? でも、これは子供だからだと思うけど」

淳史「変わらないさ。いや、逆に子供の方が言いたいことを言うことが多いんじゃないか? それに、ちょっと来い」

孝人「え?」

砂場に行く淳史と孝人。

孝人「砂場……?」

淳史「この砂場には浩太ってやつがいつも遊んでるんだけど……」

砂を掘る淳史」

淳史「ほら、見ろ。おもちゃがそのへんに埋まってる。いつも、浩太が埋めて忘れて帰るんだ」

孝人「……それがどうしたの?」

淳史「同じだよ。心の砂場に埋めても、砂の中に嫌なことは残ってる。いつかは、その砂場も満杯になるぞ」

孝人「……」

淳史「どうも、しっくりこないみたいだな。よし! じゃあ、実際にやってみるぞ」

孝人「……やってみる?」

場面転換。

学校の教室。

教師「学校裏の飼育部屋にウサギがいるだろう? あのウサギなんだが、クラスで順番に世話をすることになってるんだ。それで、このクラスの番がきたんだが……誰か、飼育係に立候補する奴はいないか?」

教室内が静まり返る。

教師「いないなら、先生が指名するぞ」

男子生徒3「先生。坂下くんがいいと思います」

男子生徒1「うんうん。あいつ、動物好きそうだし。いいんじゃない?」

教師「そうか。坂下、やってくれるか?」

孝人「……えっと……その……」

教師「ん?」

孝人「嫌、です」

男子生徒3「え?」

教室内がザワザワする。

男子生徒1「坂下が断るなんて珍しいな」

男子生徒3「動物嫌いなのか、もしかして」

教師「静かにしろ。じゃあ、指名するぞ。金田、お前やれ」

男子生徒3「げー! マジで!」

教室内に笑いが沸き起こる。

場面転換。

放課後の教室。

男子生徒2「なあ、坂下、ホントごめん! 今日の掃除当番変わってくれ!」

孝人「……僕、学芸会の実行委員会があるから」

男子生徒2「あ、そっか。ごめんごめん。他の奴に頼んでみるわ」

男子生徒2が走り去っていく。

淳史「な? 断っても、意外となんでもないだろ?」

孝人「う、うん……。ビックリした」

淳史「まあ、断れないときもあるだろうからさ。そんときは、砂場に埋めればいいさ。その時の為に、いつもは場所を空けておかないとな」

孝人「う、うん。そうだね。……ありがとう」

淳史「お礼してくれるなら、帰りにジュース奢ってくれよ」

孝人「うん、いいよ」

淳史「アホ! 今のは断るとこだろ! ったく、油断すると、すぐこれだ」

孝人「あ、そっか」

淳史「……ふふふ。あはははは」

孝人「あははははは」

孝人(N)「僕の心の中には大きな砂場がある。嫌なことがあったら、埋めるための砂場だ。……でも、最近は埋めることはあんまりなくなったのだった」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0