【声劇台本】情報弱者

0

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:5人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、シリアス

■キャスト
貴文
淳一
青年
タレント
鑑定士

■台本

貴文「……」

ピッというテレビを入れる音。

タレント「突撃! あなたのお宝、鑑定し隊! 今日の一人目の鑑定は……こちら!」

ドアがカランカランと音を立てて開く。

淳一「ちーっす! 店長、遊びに来たっす」

貴文「……あのな。たまには客として来てくれよ」

タレント「慶兆(けいちょう)の掛軸(かけじく)ですか。これは期待が持てますね」

淳一「店長、この番組好きっすね」
貴文「情報弱者が騙されてるっていうのが面白くてな」

淳一「で、この掛軸はどうなんすか?」

貴文「偽物だな。名前のところが全然違う。本物をちょっとでも見たことがあれば、誰だってわかるくらい違う」

淳一「へー。そうなんすか」

タレント「ざんねーん! 偽物ということで、評価額は3000円! 持ち主が崩れ落ちたー」

淳一「あ、ホントだ」

貴文「大した知識もないのに、骨とう品なんかに首を突っ込むからだ。騙されて当然だな」

淳一「ええー。詐欺はダメっすよー」

貴文「あほう! こっちは食うか食われるかのギリギリの商売をやってんだ。お互い、納得した上で売買してるんだからな。詐欺なんかじゃないさ」

淳一「店長みたいな性悪な人がいるから、骨とう品の世界は怖いんすよねー」

貴文「まあ、勉強料だよ、勉強料」

淳一「……ん? あれ? 店長、これって豪雪(ごうせつ)の壺にそっくりっすね」

貴文「なんだ、お前。豪雪の壺のこと、知ってるのか?」

淳一「ええ。まあ。てか、今、話題の壺じゃないっすか」

貴文「そうなんだよなー。あー、クソ!」

淳一「え? なんすか?」

貴文「それ、贋作なんだよ」

淳一「そうでしょうね。本物が見つかって、どっかの美術館で展示されてるんすもんね」

貴文「その壺買ったのはさ、本物が見つかる前だったんだよ」

淳一「……ええ! ってことは、店長、もしかして贋作を本物だって言って売るつもりだったんですか?」

貴文「その贋作、すげーいい出来なんだよ。絶対、騙せる自信あったのになー」

淳一「ホント、最低っすね。じゃあ、どうするんすか? 二束三文で売るっすか?」

貴文「せめて、元は取りたいんだよなー。30万で買ってるからさ」

淳一「ふーん」

貴文「お前、これ、買わない? 31万でいいからさ」

淳一「友達無くすっすよ」

貴文「友達なんか、二束三文にすらならねーだろ」

そのとき、カランカランとドアが開いて、青年が入って来る。

貴文「いらっしゃいませー」

青年「ちょっと見させてもらえますか?」

貴文「どうぞ、どうぞ。ごゆっくり」

青年が店の中をゆっくりと歩きながら、品物を見て回る。

そして、ピタリと立ち止まる。

青年「……この壺、綺麗ですね」

貴文「へー。お兄さん。なかなかお目が高いね。良い感性を持ってるみたいだ」

青年「……そうなんですか?」

貴文「普通の人なら、見向きもしないよ」

青年「あの……この壺、値段が貼ってませんけど……」

貴文「この壺は、豪雪の壺と言ってね、今から1500年前に、天才と言われた陶芸家が作ったものなんだ」

青年「……そんなに凄いものだったんですか」

貴文「国宝もの、と言っても過言ではないだろうね」

青年「……」

貴文「ちょっと待ってね。えっと……」

貴文がガサガサと用意を始める。

壺を持って、台座に置く。

貴文「ちょっと、ここに座ってみて」

青年「はい……」

青年が椅子に座る。

貴文「じゃあいくよ。ライトアップ!」

パチッというスイッチ音が響く。

青年「わああ! 色が変わった!」

貴文「凄いでしょ。これが、この壺の特徴なんだよ。光を当てると鮮やかな色に変わっていくんだ」

青年「すごい……」

貴文「どうぞ、色々な角度から見てみて。深みのある色と玄人好みの形。見れば見るほど味が出る壺なんだ」

青年「……」

貴文「壺は、掛軸や絵画と違って、手入れが簡単だからね。骨とう品の世界に入るきっかけが壺からって人が多いんだよ」

青年「……そうなんですか」

貴文「これは骨とう品界の格言なんだけど、良いものを持てば、人生も引きずられて良いものになる、というのがあるんだ」

青年「……この壺……高いんですよね?」

貴文「一千万だよ」

青年「いっせん……!?」

貴文「まあ、国宝級の代物(しろもの)だからね。……だけど、どうだろう? もし、この場で購入を決めてくれるのだったら、100万にしてあげよう」

青年「……え?」

貴文「あはは。一気に胡散臭いって顔になったね。そりゃそうだろうね。いきなり、10分の1の値段になれば。でも、これは投資なんだ」

青年「投資?」

貴文「今、骨とう品の世界は人口が減ってきてね。若い人がほとんどいないんだ。それが口惜しくてね」

青年「……」

貴文「君は、素人ながら、一発でこの壺を見つけた。正直に言って、その鑑定眼は天才と言ってもいいだろうね。若い天才が、この骨とう品の世界に現れれば、きっと盛り上がる。若い人だって、興味を持ってくれるようになる。そう考えれば、900万の損失なんて安いものだよ」

青年「……俺、買います!」

貴文「……ありがとう」

場面転換。

カランカランと音を立ててドアが開き、青年が出ていく。

淳一「……あの贋作、30万っすよね?」

貴文「俺は商売人だぞ」

淳一「嘘ばっかり並べ立てて、ほとんど、詐欺じゃないっすか」

貴文「だーかーら、あいつが納得して買っていったんだから、いいんだよ」

淳一「おお、怖っ!」

場面転換。

貴文「……」

ピッというテレビを入れる音。

タレント「突撃! あなたのお宝、鑑定し隊! 今日の一人目の鑑定はこちら!」

青年「よろしくお願いします」

タレント「今日はどれを鑑定してほしい?」

青年「これです。豪雪の壺」

貴文「ぷっ! あははははははは! おいおいおい、マジかよー。夢見る時間が随分と短かったな。ご愁傷様」

タレント「……え? 豪雪の壺って……」

青年「どうか、したんですか?」

タレント「あ、いえいえ。それでは、鑑定してもらいましょう! どうぞ」

貴文「バーカ。情報弱者は騙される運命なんだよ。まあ、勉強料だな、勉強料」

タレント「どうやら、結果が出たようです。それでは、金額はどうだ?」

ルーレットのような音楽。

タレント「300万……500万……まだまだ上がる」

貴文「……え?」

タレント「2000万……まだいく! おおっと、なんとなんと! 4000万だー」

貴文「え? え? え? なんでなんで?」

タレント「では、解説をお願いします」

鑑定士「御存じの通り、豪雪の壺は、先月に本物が発見されました」

タレント「では、これは贋作?」

鑑定士「いえ、本物です。というのも、豪雪の壺を調べた結果、なんと連作になっていることがわかったんです。つまり、豪雪の壺は2つあったということですね」

タレント「ええ? そうなんですか?」

鑑定士「まあ、一般の人には出回らない情報ですが、鑑定の世界では有名な話です。知らない鑑定士はいないでしょうね」

貴文「……」

鑑定士「おめでとう。いい買い物しましたね。大切にしてください」

青年「はい! ありがとうございます!」

貴文「いやいやいやいやいや! 違う違う違う! こんなはずじゃなかったんだ! その壺、返してくれー!」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

0