赤点

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

■概要
人数:2人
時間:5分

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト
荒太(あらた)
美咲(みさき)

■台本

職員室。

放課後に荒太と美咲が向かい合って立っている。

2人の他に人はいない。

美咲「荒太……。なんで、呼び出されたかわかるな?」

荒太「えへへ……。なんでしょう?」

美咲「よし、わかった。お前、留年な」

荒太「すみません! かんべんしてください!」

土下座する荒太。

美咲「はあ……。お前、今年、何回赤点取った?」

荒太「先生は今まで食べたパンの数を覚え……ぶっ」

ガンと荒太の顔面を殴る美咲。

荒太「……すみません。42回です」

美咲「というか、赤点じゃなかった回数は?」

荒太「0です」

美咲「あのなぁ。その状態で、お前を進級させる方が難易度高いんだぞ。正直、不可能と言っていいだろうな」

荒太「うう……。そんな」

美咲「ということで、お前は冬休みの間はずっと補習だ。1日10時間な」

荒太「そそそそんな! クリスマスに彼女と出かけるとか、初詣に行くとか色々イベントがあるじゃないですか! それを諦めろって言うんですか?」

美咲「お前、彼女いるのか?」

荒太「……いないです」

美咲「じゃあ、決まりだな」

荒太「勘弁してください! 何とか補修なしで進級させてください!」

美咲「……お前、無茶苦茶だな」

荒太「そこをなんとか……」

美咲「はあ……。じゃあ、次のテストで全教科60点以上取れ」

荒太「ろ、ろ、ろ、60点!? 無理ですよ! そんなの!」

美咲「じゃあ、補習だな」

荒太「あ、あの……その……アメを貰えませんか?」

美咲「アメ?」

荒太「飴と鞭です。ご褒美って言うか……」

美咲「ふむ……。補習以外でモチベーションが欲しいと?」

荒太「はい」

美咲「……そうだなぁ。じゃあ、お前が全教科60点以上取ったら、私がお前の言うことを何でも聞いてやろう。どうだ?」

荒太「な、なんでも?」

美咲「なんでもだ」

荒太「やります! やらせてください! うおおおおお!」

美咲「まあ、せいぜい、頑張れ」

場面転換。

荒太の部屋。

荒太「うおおおおおおおおお!」

がりがりと勉強をしている荒太。

場面転換。

学校のチャイムの音。

昼休みでも勉強する荒太。

荒太「うおおおおおおおお!」

場面転換。

お風呂に入っている荒太。

風呂の中でも勉強している。

荒太「えーっと、ここの公式はこうだから……」

場面転換。

教室内。

美咲「では、テストを開始する。……はじめ!」

一斉に教室内の生徒がテストをやり始める。

荒太「うおおおおおお!」

美咲「荒太、うるさいぞ」

荒太「……あ、すみません」

場面転換。

教室内。

荒太と美咲が二人きりで向かい合っている。

美咲「……」

荒太「へ、へへへ。今回は自信があるんですよね?」

美咲「……」

荒太「で? 結果はどうですか?」

美咲「……100点だ」

荒太「え? もう一度、お願いします。声が小さかったんで」

美咲「全教科、100点だ!」

荒太「うおおおお! やったぁ!」

美咲「……」

荒太「先生! 約束通り、何でも言うことを……」

美咲「……カンニングだな?」

荒太「へ?」

美咲「お前が全教科100点なんか取れるわけがない! カンニングに決まっている!」

荒太「そ、そんなわけないじゃないですか!」

美咲「うるさい! そんな性根が曲がった奴は冬休みが終わっても居残りで補習だ!」

荒太「えええー! そんなぁ! せっかく頑張ったのにぃー!」

終わり。

 

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉