【声劇台本】腐れ縁

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉  

〈声劇用の台本一覧へ〉

■関連シナリオ

〈山ガール〉

〈歴女〉

〈無礼講〉

〈オンライン飲み〉 

〈不治の病〉

■概要
人数:2人
時間:10分程度

■ジャンル
ボイスドラマ、現代、コメディ

■キャスト
雨宮 さくら(29)
川岸 七海(29)

■台本

さくら(N)「七海とは高校時代からの付き合いで、卒業してから10年たった今でも、なにかと友達関係は続いている。何も考えてなくて、自己中で、迷惑ばかりかけてくる。何度も、関係を絶とうと思ったけど、気が付けば、ずるずると続いている。いわば、腐れ縁というものなんだろう」

スマホの呼び出し音。

ピッと、通話ボタンを押す音。

さくら「もしもし? どうしたの? また、フラれたりした?」

七海「うう……。さくら……。私、私……」

さくら「え? 七海? どうしたの?」

七海「うう……」

さくら「待ってて! 今行く!」

通話を切るボタンを押す音。

さくら「……いつものフラれたときの感じと違う。あれは……本気で泣いてる声だった」

走り出すさくら。

さくら(N)「……高校で、七海と初めてあったときは……私の方が泣いてたっけ」

回想。

さくら「(すすり泣く声)」

七海「あれ? 同じクラスのさくらさん、だよね?」

さくら「……七海さん?」

七海が横に座る音。

七海「うんうん。フラれた時は思いっきり、泣くといいよ。逆に泣かないと吹っ切れないものだよ」

さくら「……どうして、私が……泣いてる理由が……フラれたって……なってるの?」

七海「え? だって、女の子が泣く理由って、男にフラれたときくらいでしょ?」

さくら「……ペットのカナリアが逃げちゃったの……」

七海「……あ、そうなんだ。まあ、そういうときも泣けばいいと思うよ」

さくら「なんか、対応が雑じゃない?」

七海「そ、そんなことないよ?」

さくら「すごい目が泳いでるんだけど」

七海「ほら、私、水泳得意だから」

さくら「ぷっ、なにそれ? 意味わからないんだけど」

七海「やっと笑った。やっぱり、さくらさんは笑顔の方が可愛いと思うよ」

さくら「え? そ、そう? ありがと……」

七海「少しは立ち直った?」

さくら「うん。少し気持ちは晴れたかな」

七海「そっか。それなら……。ふぎゃーーー!」

さくら「へ? ど、どうしたの、急に?」

七海「私、フラれたの―!」

さくら「は?」

七海「今度はさくらさんが、私を慰めてー」

さくら「え? あー、えっと……。そういうときは泣けばいいよ」

七海「……なんか対応、雑じゃない?」

さくら「そ、そんなことないよ?」

回想終わり。

さくらが走る音。

さくら(N)「思えば、あれからずっと七海は私と一緒にいてくれたんだ……」

回想。

さくら「ねえ、七海。どうして七海は私と一緒にいてくれるの?」

七海「なに、急に?」

さくら「いや、ほら。私と七海って、全然違う性格じゃない? 周りからもさ、一緒にいるのが不思議っていわれるんだよね」

七海「地味なさくらと一緒にいれば、私が引き立つでしょ!」

さくら「張り倒していい?」

七海「あー、嘘嘘! 冗談だって! ……さくら、友達、いないでしょ?」

さくら「なに? 哀れみってこと?」

七海「違うってば。一人でいる寂しさを知ってるさくらなら、私を一人にしたりしないでしょ?」

さくら「……」

七海「それに、女同士なら、フラれることもないから、安心だし」

さくら「……なによそれ?」

七海「あははは。それに、一番の理由はさくらと一緒にいると、楽しいから、かな」

さくら「七海……」

回想終わり。

さくら(N)「七海はいつも我儘で、自分のことしか考えなくて……。でも、その底なしの明るさが、私を和ませてくれた」

回想。

さくら「あーあ。ついに私たちも社会人か―。不安だなぁ」

七海「そうだよねー。……やっぱり留年すればよかったね」

さくら「……いや、そこは同意できないよ」

七海「ねえ、さくら。約束してほしいことがあるの」

さくら「どうしたの? 改まって」

七海「お互い、仕事が忙しくなったら、こうやって頻繁には会えないと思うの」

さくら「うん、まあ、そうだね」

七海「でも、本当に困ったことがあったら、お互い、何においても助けに行くって約束してくれない?」

さくら「……うん。いいよ。七海が困ってるなら、私、すぐに助けに行くよ」

七海「よかったー! 私がフラれた時、さくらがいなかったら、どうしようかと思ったよー」

さくら「……結局、自分のことだけしか考えてないんだね」

回想終わり。

さくらが走る音。

さくら(N)「……七海はしょっちゅうフラれるから、気付けば、学生のときと同じくらい会ってる気がする。仕事で嫌なことがあっても、七海と愚痴を言い合えば、すぐにすっきりした。……私が今まで頑張れてこれたのは、七海のおかげだ。七海がいたから、今の私がいる。だから、七海が困っていたら、私が助ける。それが親友の役目なのだから」

さくらが立ち止まり、ドアを開ける音。

さくら「七海! どうしたの!?」

七海「さくらー!」

七海が抱き着いてくる。

さくら「七海、落ち着いて。何があったの?」

七海「この映画、すっごい感動するの! もう、涙が止まらなくなっちゃって……」

さくら「……」

七海「一緒に見よ? お酒飲みながら」

さくら「……友達、辞めたい……」

さくら(N)「おそらく、私たちの関係はこれからもずっと続いていくことだろう。この先もずっと、私はこの腐れ縁に振り回されていく。でもそれは、そんなに悪い気はしないのだ」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉  〈次の10枚シナリオへ〉