【声劇台本】西田家の受難 ご馳走

0

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

〈声劇用の台本一覧へ〉

◆シリーズ一覧
<シュークリーム事件> <西田怪談> <留年未遂事件> 
<幼馴染の謎の行動> <アウトドアの恐怖>

■概要
人数:4人
時間:10分

■ジャンル
ボイスドラマ、日常系、コメディ

■キャスト
西田 正志(17) 長男
西田 清 (17) 二男・正志の双子の弟
西田 総士(14) 三男
西田 隆 (5)  末っ子

■台本

正志が商店街をダラダラと歩いている。

風が吹く。

正志「うお、寒っ! 早く帰ろ……」

店員「あ、君、もう福引は引いたかい?」

正志「福引?」

店員「お使いでしょ? それだけ買ったなら福引券もらわなかった?」

正志「……ああ、この券のこと?」

店員「そうそう。三枚あるから、三回引けるよ」

正志「うーん。俺、こういうの絶対当たらないんだよなぁ」

店員「まあまあ、どうせタダで引けるんだしさ」

正志「そうだな。じゃあ」

ガラガラと回して、コロン玉が出る。

店員「大当たり―!」

正志「ま、マジか……」

場面転換。

ドアが開いて、総士が入ってくる。

総士「ただいまー……って、お?」

場面転換。

居間。

ジューっとお好み焼きが焼ける音。

隆「おいしー!」

正志「そうか、そうか、ドンドン食べろよ」

隆「うん!」

清「……」

居間のドアが開き、総士が入ってくる。

総士「おー、お好み焼きじゃん!」

正志「お帰り、総士。お前もお好み焼き食べるだろ? 焼くぞ?」

総士「もちろん! 大き目で頼む」

正志「了解―」

総士「にしても、兄貴、どういう風の吹き回しだ?」

正志「何が?」

総士「いや、兄貴がこんなことするなんてさ。いっつもだったら、兄貴権限だ、お前ら作れっていうじゃん」

正志「ま、たまにはな」

総士「ふーん。って、あれ? きよ兄ぃは食わねえの?」

清「ああ。正兄ぃがなにか企んでるのは火を見るより明らかだからね。怖くて食べれないよ」

正志「だーかーら、何も企んでねーっての」

隆「ふー、もうお腹いっぱいー」

正志「なんだ、隆、もうギブアップか? 食後のお菓子もあるんだぞ?」

隆「え? ホント?」

清「隆、お菓子は晩御飯の後にしなさい」

隆「えー」

清「お菓子食べて、晩御飯食べれないなんて言ったら、お母さんに怒られちゃうぞ」

隆「……うう、わかった」

正志「よし、総士、焼けたぞ!」

総士「待ってました! いっただきまーす!」

場面転換。

総士「ふー、食った食った」

正志「総士もお菓子は後にするか?」

総士「ああ。さすがにもう食えねえ」

正志「で? 清は本当にいいのか? 食べなくて」

清「ああ。さっきも言ったけど、正兄ぃの企みがわからない限り、食べる気はしないよ」

正志「だから、なんでもねーって。お好み焼きがダメなら、お菓子はどうだ? 結構、たくさん買ってきてるんだぜ?」

清「……ますます怪しい。正兄ぃがお菓子を人に勧めるなんて……」

総士「うーん。きよ兄ぃ、考え過ぎじゃね?」

正志「そうだぞ。だから、ほら、お菓子食べろって」

清「いや、いらない」

正志「……ふっふっふ。清、これを見ても、同じことを言えるかな!」

ガサガサとカバンからあるものを出す。

正志「じゃーん!」

清「なっ! それは……和弘の桜餅……」

正志「お前の大好物の和菓子だ。しかも、これ、年末限定の特別品らしいぞ」

清「……食べてから、2倍の金を要求とかするんじゃないの?」

正志「しないしない。これは俺からの奢りって言ってるだろ?」

清「これを食べたら、無条件で正兄ぃのいうことを聞けとか?」

正志「ないない」

清「本当に、食べたからってなにもないんだよね?」

正志「ああ。ここにいる総士と隆が証人だ」

清「……じゃあ、もらう」

正志「ああ、はい、どうぞ」

場面転換。

清「ふう……とても満足だ」

隆「ねえ、そういえば、正志お兄ちゃんは食べないの?」

総士「え?」

清「あっ!」

正志「ふふふ。お前ら、気づくのが遅かったな。もう、何も食べられまい」

総士「なに……企んでるんだよ?」

正志「じゃじゃーん! これだ!」

清「それって……焼き肉店の無料券?」

正志「ああ、しかも食べ放題だぜ、食べ放題」

総士「うう……。いつもだったら、兄貴を倒してでも奪い取るのに、腹いっぱいでそんな気がおきない……」

正志「そうだろう、そうだろう」

清「どうしたの、その無料券?」

正志「福引で当たったのだ! お使いにいったご褒美ってところだよな」

清「なるほど。つまり、福引で焼き肉の無料券が当たったけど、一枚しかないから、他の兄弟たちの腹を膨れさせ、食べる気を失せさせてから、自分だけ食べにいくってわけだね?」

正志「うむ。実にわかりやすい説明をありがとう。そういうことだ」

総士「……ふーん」

清「……」

正志「どうした? もっと悔しがっていいんだぞ? この、兄の巧妙な罠に引っかかったことに悔しさでむせび泣くがいい」

清「正兄ぃ。今回のお好み焼きの材料やお菓子、桜餅、合わせていくらかかったの?」

正志「……え? えっと……3千円くらいかな」

清「この焼き肉屋の食べ放題、1500円だよ」

正志「……へ?」

総士「なあ、兄貴。その券、福引で当たったんだよな?」

正志「お、おう……」

総士「俺たちには当たったって言わないで、黙って一人で行けばよかったんじゃないの?」

正志「……し、しまったーーー!」

終わり。

〈前の10枚シナリオへ〉 〈次の10枚シナリオへ〉

0